LAPPケーブル引張張力と吊り下げ長について

 

カタログ上に、引張張力を定めているケーブル(OLFLEX® CRANEシリーズなど)を除き、すべてのLAPPケーブル・電線の引張負荷は、15N/㎟となります。

※固定・可動での違いはありません。

 

例)ÖLFLEX® CLASSIC 100 5 G 10 mm²

【引張張力】

ケーブル自体の総断面積: 5心 ⅹ 10 mm² = 50 mm²

最大引張荷重 (N): 50 mm² x 15 N = 750 N

最大引張荷重 (kg):  750 N÷10 = 75 kg

 

【垂直最大吊り下げ長】

ÖLFLEX® CLASSIC 100 5 G 10 mm²における最大吊り下げ長は、

以下の通り求められます。

◆必要条件

ケーブル重量:  792 kg/km(カタログ値)

最大引張荷重:  75 kg =  X(最大吊り下げ長)m

 

最大吊り下げ長: (75 x 1000) ÷792 = 94.7 m

 

また、各種機器などを吊り下げる場合には、支持材などを使用してください。その場合、各種機器重量は、ケーブルの引張張力を超えないでください。

お困りですか?

ご質問やご不明な点がございましたら

お気軽にカスタマーサービスまでお問い合わせください。

 

   03-4520-6245


sales@lappgroup.jp

カスタマーサポートカスタマーサポート